MENU
すじ取りいらずさやえんどう(スジナイン)
料理を手軽に楽しめる、さやえんどう(スジナイン)
【鹿児島県垂水地区】マルサンファーム
すじ取りいらずさやえんどう(スジナイン)を栽培しております、マルサンファームの水迫と申します。
生産者一同を代表して私が手紙をしたためさせていただきます。
少し恥ずかしい気もしますが最後まで読んでいただければと思います。


私どもがさやえんどうを栽培しているマルサンファームは鹿児島県の垂水市(たるみずし)というところにあります。
垂水市は桜島と陸続きで繋がっていて、天気の良い日は私たちの畑からも桜島がとてもきれいに見えます。
私たち鹿児島県民にとって桜島は郷土の誇りであり、宝と言える存在ですが、
数年おきに起きる大噴火の際には大量の火山灰が降り注ぎ農作物が台無しになってしまうこともあります。
このように垂水は農業をするには少しリスクのある土地ですが、年間平均17℃と温暖な気候に恵まれており、
半世紀近くさやえんどうの栽培が続けられてきた歴史ある産地なんです。


さて、一般的にさやえんどうと言えば、調理の際にひとつひとつスジを剥かなくてはならず、
下ごしらえが面倒な食材というイメージが強いかと思います。
が、今回私達がお届けするさやえんどうは何とそのスジが元からない品種です!
品種名はその名もずばり「スジナイン」といいます(笑)
2012年に発表されたばかりの新品種でまだまだ一般に出回ることは少ないですが、
私たちはいち早くこの品種に注目し栽培を始めました。
スジ取りの必要がないため下ごしらえが格段に楽になります。
しかもそれだけでなく、味についても甘みが強くとても美味しい品種なんです。


今年種をまく時期(9月~10月)に鹿児島は高温干ばつだったので、大幅に作付けが遅れてしまいました。
また、やっと収穫期に入った1月も気温が低く苦戦しておりますが、今年も商品はすばらしいものとなっております。


これからも手間をかけずに食味はもちろん、簡単に料理を楽しんで頂ける様な作物を研究し作り続けていきます!
この手紙をきっかけに、関東の皆さんに鹿児島の美味しいさやえんどうをもっと沢山食べていただきたいと思っています。
ぜひ一度召し上がってみて下さい。

▲ 2022年1月のお手紙
2018年2月のお手紙
2017年2月のお手紙
2015年8月のお手紙
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
旬の手紙を読む