お日様たっぷりコクうまみかん
“3つの太陽の恵み”西宇和産みかん 【愛媛県西宇和地区】JA西宇和柑橘部会
愛媛県



“お日様たっぷりコクうまみかん”を購入していただきありがとうございます。 生産者のJA西宇和柑橘部会です。 メンバーは30~60代と幅広い年代が活躍しており、その中には2代目、3代目と継承している方もいます。先人達の知恵があるので、美味しいみかんが作れます。 今年度の西宇和みかんは梅雨時期にしっかりと雨をもらったことでしっかりとしたサイズに成長し、8月に干ばつの影響を受けたことで、木にストレスがかかり、例年よりも1度高い糖度に仕上がっております。もう一つの売りは、じょうのう(小袋)の薄さです。今年度産は、甘くてコクがあり、皮(じょうのう)が薄くて食べやすく仕上がっておりますので口に入れたときに皮が感じないほど薄く仕上がっていますので、一度ご賞味頂けたらと思います。 みかんを栽培している地域は、愛媛県西南部に位置し、九州方面に突出した、45kmの長さを有する佐田岬半島と八幡市・伊方町・西予市三瓶町と2市1町です。 日照量が多い地域で、年間平均気温が17.3℃と暖かく、かんきつ栽培に適した環境です。 穏やかな内海に面して海岸線から標高350mの急傾斜地に石積みした段々畑にみかん畑が広がっています。その光景はまさに「耕して天に至る」と言われるように、急傾斜で山上まで続きます。
そんな、西宇和産みかんの美味しさの秘訣に『3つの太陽』が挙げられます。宇和海に面した急な傾斜のあるみかん畑には、『直に浴びる太陽の光』、『段々畑の石垣から反射する太陽の光』、『海から反射する太陽の光』と、たっぷりの太陽を浴びるみかんです。 約1ヶ月程しか発売しませんが、美味しさを味わって下さい。


お返事を頂きました
お日様たっぷりコクうまみかんをご購入いただきまして誠にありがとうございます。
本年産は、10月下旬に台風21号、22号と例年には考えられない時期に被害を受けました。生産者の中にはせっかく実ったみかんが出荷できない場所もありました。そのような現状の中残ったみかんをさらに厳選して出荷させて頂いているのが本年産のみかんになります。
西宇和産のみかんは内袋(じょうのう)が薄く、コクがあるのが特徴です。子供から大人までおいしく食べて頂けるように、生産者も日々努力をしております。

西宇和産のみかんがなぜ良いみかんが出来る理由に「3つの太陽」があると手紙の本文にて説明をさせて頂いております。
その3つとは「お日様の光」「海から反射する太陽光」「段々畑の石垣から反射する太陽光」になります。本年からはこれに2つプラスしてマルチシートから反射する太陽光・園内道から反射する太陽光を利用して、さらにおいしいみかんが提供できるように努力をしております。

手紙を通しまして、ありがたいお言葉を頂き、生産者一同感謝をしております。今後とも生産努力を続けていきますので、今後とも西宇和産のみかんをお願いします。
これから年末に向けて忙しい日々が続きますが、風邪など引かれないようにお気をつけ下さい。西宇和産のみかんを食べて頑張りましょう!!!

西宇和柑橘部会 生産者一同より


back number


旬の手紙を読む