塩トマト
海の恵みの恩恵を受けた、塩トマト 【熊本県八代地区】JAやつしろトマト選果場利用組合高糖度部会
熊本県

拝啓
春の風が快い季節となりましたが、お変わりございませんか。
熊本県八代地区で“塩トマト”を生産しております、JAやつしろ選果場利用組合高糖度部会と申します。


2002年に部会を結成したきっかけは、八代管内の中で塩分濃度が高い一部地域にしかできない“塩トマト”の味と品質を守りたいからです。見た目は小さいですけど、甘さは抜群です。

言葉では言い表せない、“塩トマト”の思いを手紙にしたためます。
なぜ、塩トマトと言われるか。
世の中に知れ渡っていなかった頃、「塩害トマト」と呼ばれ、市場には出荷せず生産者側で消費しておりました。ですが、食べてみると濃縮されたコクと歯ごたえがあり、その評判が全国に波及しました。


“塩トマト”のコクと歯ごたえは、八代海を干拓して得た産物です。
ミネラルが豊富な土壌で育つことで、トマトに旨味成分が濃縮されます。
コクがある理由に、塩害の影響が挙げられます。塩により水の浸透性が阻害され、大きくならない分、果肉の密度が高くなります。
それに、塩と水のバランスが非常に難しく、トマトにストレス(水やりを減らす)を与えると、根が地下まで成長してしまい、余計な塩分を吸収してしまいます。そのために、畝の高さを高めにしております。塩トマトならではの農法です。

鮮度にもこだわりがあり、早朝に収穫して速やかに選別をしてます。早朝に収穫することで、実が引き締まり、鮮度が保持されます。
選別をするさいにも糖度センサーを使用して、“塩トマト”に相応しい物だけを選んでいます。トマトの糖度が通常5度が平均です。“塩トマト”は8度以上で出荷基準を設けております。時期は短いですが、また来年お会いできる日を心よりお待ちいたしております。
敬具



旬の手紙を読む