MENU
甘さがギュッ赤美味(あかうま)ミニトマト
至高のミニトマトを作りたい!!
【愛知県三河地区】JA西三河ミニトマト部会
この度は、甘さがギュッ赤美味(あかうま)ミニトマトをご購入いただきありがとうございます。
実は、今まで販売していた「房付きコクあまミニトマト」から「甘さがギュッ赤美味(あかうま)ミニトマト」に生まれ変わりました。
今まで慣れ親しんだネーミングを変えことは不安もありましたが、より親しみを持ってもらえるようにとの思いで発売から10年という節目の年にネーミングを変えることを決断しました。
「房付きコクあまミニトマト」を応援して下さっていた方も、新たに私達のトマトを知っていただいた方も、これからも宜しくお願い致します。


私達、西三河ミニトマト部会は、設立から40年ほど経ちますが、部会メンバーは平均年齢40代と他の農家さんよりも若い世代のグループです。今年から部会メンバーが1名増え、皆様により多くのミニトマトをお届けできる体制になりました!
地元の方から美味しいミニトマトを栽培して欲しいという願いもあり、ミニトマト専門で栽培しています。
この西三河エリアは、古くから干拓地で塩分とミネラルが豊富な土壌のため、美味しいミニトマトができる環境が整っています。


そして商品名が変わっても品種や栽培へのこだわりは変わっておりません!
品種については、『キャロル7』に限定しています。この品種は、糖度がギュッと濃縮されて味も濃厚ですが、皮が残りにくい品種になっています。
栽培へのこだわりは、樹を太らせすぎないという点です。成長の勢いが強すぎると、樹がどんどんと太くなり、ミニトマトに味がのらないうちに成長してしまいます。一方で樹の勢いが弱すぎると実をつけてくれなくなってしまうため、絶妙な水加減で土を管理しています。
さらに収穫にも職人技術が必要となっています。通常のトマトは赤く熟した実から一つずつ収穫しますが、私たちは房ごと収穫し生きたままお届けするのが特長です。房の先になるにつれて味がのりづらく、熟度のバラつきも出やすいため、摘果などを行いながら時間をかけて房全体が甘くて真っ赤に熟すように調整するのは職人のなせるわざです。


時間をかけて育てる分、一般のミニトマトより収穫量が少ないですが味と品質には自信があります。
「完熟性」と「鮮度感」のある『房付きコクあまミニトマト』です。


今年は、東急ストア様で販売を開始して10周年の記念の年でもあるので、とても気合が入っています!
東急ストアの山岡バイヤーも視察にきていただき、生育状況を一緒に確認しました。
順調に育っており味も美味しく仕上がっているとバイヤーのお墨付きを頂きました!
果皮がやわらかく食味がよいので、ぜひ生のままお召し上がり下さい。

手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、お返事フォーム(外部リンク:東急ストアホームページ)に移動します。お返事フォームの項目に沿ってメッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
お手紙のお返事が届いています
それは食べてくださるあなたに宛てた手紙です。
ご購入いただきありがとうございます。
味にも房付きにもこだわって栽培していますので、こうやって評価していただけると産地一同大変うれしく思います。
引き続きよろしくお願いします。
トマトの手紙を読む
トマトのレシピを読む