コクうまハウスみかん
コクがあり、とろけるような食感のハウスみかん 【佐賀県唐津地区】JAからつハウスみかん部会
佐賀県



暑い日差しの季節になりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。 コクうまハウスみかんの手紙を読んでくれてありがとうございます。
私達の栽培している地域は、玄海灘に面しており、年間の気温が15度前後と温暖な気候です。栽培している土も、高品質なみかん作りに適した土壌となっています。 収穫量の確保や安定した品質を提供するために、一番神経を使うのが、みかんの花がうまく咲くかどうかの着花確保です。夏場のハウス内での収穫作業も高温の中行うのできついです。 ハウス栽培の特性を活かした水分量の調整やキメ細かい管理を通して、糖度と酸度のバランスのとれたおいしいみかん作りを年間通して目指しております。 おススメの食べ方は、冷やしてから食べるのもおススメです。また、絞ってジュースにして飲んでも美味しいです。 夏の短い期間ではありますが、ぜひお召し上がり下さい。


お返事を頂きました
先日の西日本中心とした記録的な豪雨につきましては、西日本で甚大な被害が発生しております。
幸にも当地区で人命被害は発生しておりませんが、土砂崩れ等の被害が発生している状況です。
また、西日本豪雨後に梅雨明けし、猛暑日が続いておりハウス施設内での収穫作業は暑さ・熱中症との戦いです。
ハウスみかんは冬に出回るみかんと違い、夏に出荷するため、時期はずれに花つけ果実が熟すために必要となる適切な温度管理、加えて成熟期の潅水量を極限まで控えた水分管理により高品質なみかんに作り上げて出荷します。
生産者が丹精込めて作くる『JAからつ産コクうまハウスみかん』を今後もご愛顧頂きますようよろしくお願いします。


旬の手紙を読む