MENU
房付きコクあまミニトマト
至高のミニトマトを作りたい!!
【愛知県三河地区】JA西三河ミニトマト部会


『房付きコクあまミニトマト』を栽培しております、JA西三河ミニトマト部会と申します。

部会を設立して40年ほどたちますが、部会のメンバーは平均年齢が40代と通常の農家さんより若い世代です。
地元の方々から美味しいミニトマトを栽培して欲しいという願いから、ミニトマトを専門に取り扱っています。
私たちの圃場のある場所は三河湾沿岸に位置しており、古くから干拓地で塩分とミネラル分が豊富な土壌のため美味しいミニトマトができる環境です。
ミニトマトの品種にも想いがあり、キャロル7という品種に限定しております。キャロル7は、糖度があり甘みのあるミニトマトの品種です。収穫にも職人技術があり、通常のトマトは赤く熟した実から一つずつ収穫しますが、今回のミニトマトは時間をかけながら房全体を赤く熟させ、房ごと収穫するのが特徴です。時間をかけて育てる分、一般のミニトマトより収穫量が少ないですが、味と品質には自信があります。


「完熟性」と「鮮度感」のある『房付きコクあまミニトマト』です。
果皮はやわらかく、食味も良いので生のままお召し上がり下さい。
2018年11月のお手紙
2016年11月のお手紙
▲ 2015年11月のお手紙
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
お手紙のお返事が届いています
それは食べてくださるあなたに宛てた手紙です。
TokyuStorePLUS「手紙のついた野菜」房付きコクあまミニトマトをお買上げ頂きまして誠にありがとうございます!

お客様からの『食べて感動した』というお言葉は、私たち生産者にとって何よりもうれしいものでした。
過分なお褒めの言葉を頂き、生産者全員で大変喜んでいます。
私たちの産地は、愛知県の南西部・三河湾沿いに位置し、ミニトマトの栽培が盛んな地域です。
私どもは商品名にもなっております「コクがある甘いミニトマト」を時間と手間をかけて栽培しており、

『あ、このミニトマトは他と違うね』とお客様に言って頂けるようこの度のお手紙を励みに、これからも全力で栽培を続けてまいります。

わたくしどもの商品は11月から6月末頃まで出荷しております。
本年は残り約1ヵ月間となりましたが、最後まで精一杯出荷致します!

お住まいのお近くに東急ストアが無いとのことで誠に残念ですが、お立ち寄りの際はぜひTokyuStorePLUS「手紙のついた野菜」
房付きコクあまミニトマトをよろしくお願い致します。

ご返信、誠にありがとうございました。
トマトの手紙を読む
トマトのレシピを読む