トマト(品種:りんか)
トロ~リとした食感がクセになるトマト(りんか) 【熊本県八代地区】マルミツ園芸
熊本県


拝啓

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
トマト(品種:りんか)の生産をしております、マルミツ園芸と申します。


わたしたちマルミツ園芸組合は平成10年に設立して以来、熊本県特有の温暖な干拓地という土地柄を活かしながらトマト栽培に取り組んできました。わたしたちが大切にしているのは、「新鮮で安心・安全な美味しいトマトを届ける」こと。お客様には、美味しいトマトを安心して味わって欲しい。そんな想いからエコファーマーの認証を取得し、減農薬・減化学肥料栽培に取り組んでいます。


トマトを生育している熊本県八代地区は温暖な気候に恵まれた干拓地でトマト栽培にとても適した土地です。海水のミネラルをたっぷり含んだ土壌で育てたトマトは、甘さと酸味のバランスが良い濃厚な味わいに育ちます。土壌改善にも力を入れており、「稲藁」を畑に入れ、化学肥料を極力抑えて栽培しています。

みなさんに味わっていただく「りんか」という大玉のトマト。女の子の名前のようなこのトマトは夏の暑い時期に苗を植え、肌寒い10月から6月下旬まで収穫します。トマト栽培で一番大変なのは、残暑の厳しい時期の苗植えですが、花が咲き実をつけるとそんな苦労もすっかり忘れてしまいます。毎日、トマトに話しかけながら大事に大事に育てています。ようやく収穫できる大きさになったときは、我が子を送り出すような気持ちになるんですよ。

愛情をたっぷり注いで育てたトマト(りんか)は、食べ応えのある引き締まった肉質と、トロリとした粘質のある甘さが自慢です。そのまま生食でサラダなどにして味わっていただくのが一番ですが、これからの寒い季節には和風だしを利かせた「トマトおでん」「トマト鍋」もおススメです。
今後とも、トマト(りんか)をよろしくお願い致します。

敬具



お返事を頂きました
いつもマルミツ園芸のトマト(りんか)を ご購入いただきありがとうございます。

今の熊本は大変な状況ですが、 このようなお褒めの言葉をいただき感無量です。
八代は震源地から近い場所でしたが、 幸い大きな影響もなく栽培を継続しています。

トマト(りんか)は、出荷時期が今シーズンも残りわずかとなりますが、ご期待に応えるべく丹念を込めて育てます。

これからも、お客様から選ばれるおいしいトマトをご提供できるよう精一杯頑張ります。

今後とも「手紙のついた野菜」トマト(りんか)をよろしくお願いします。

マルミツ園芸より