MENU
北見黄玉ねぎ
玉ねぎ職人たちが作る“幻の玉ねぎ”
【北海道北見地区】北見生産者出荷組合


こんにちは。
この度は北見黄玉ねぎをお買い上げいただきありがとうございます。
私たちは北海道の北東部、カーリングでも有名になった北見地区で玉ねぎを栽培しています。
実はこの北見は北海道の中で一番、つまり日本一の玉ねぎ産地なんです。
北見は降水量が少なくて季節により1日の寒暖差が大きい、玉ねぎ栽培にとても適した気候です。
そのためとても美味しい玉ねぎが作れる地域となっています。


この日本一の産地で私たちが作っているのが“北見黄玉ねぎ”です。
北見黄玉ねぎはもともと明治の時代に札幌の開拓者たちがアメリカから持ち込んだ品種が起源となります。
約40年前までは北見地区を中心に多くの農家が作ってたいわゆる在来種ですが、
病気に弱いという性質もあり、徐々に栽培する農家が減っていきました。
そして今ではごく限られた農家のみが作る、“幻の玉ねぎ”となってしまいました。

私たちはこの幻の玉ねぎを復活させるべく、わずかに残っていた種を集め、
少しずつ増やしていきました。
今でも種は自家採種をおこなっており、他の品種が混ざらないよう徹底管理しております。


栽培が難しいこともあり、収穫までは苦労の連続ですが、
玉ねぎ栽培の技術には自信のある精鋭たちだけが栽培しておりますので、
毎年安定した美味しさと収穫量を保っています。

北見黄玉ねぎの特徴は何といってもその美味しさです。
他の玉ねぎと比べて肉厚ながらみずみずしくてえぐみや苦味が少なく、甘みが強いのが特徴です。
生で食べても美味しく、加熱するとグッと甘みが増すのでそのまま焼いたりコロッケにするのもおすすめです。


ぜひ食べた感想をお聞かせください。
今後とも北見黄玉ねぎをよろしくお願いいたします。
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
玉ねぎの手紙を読む
玉ねぎのレシピを読む