もみじ玉ねぎ
甘みが癖になる、もみじ玉ねぎ 【愛媛県周桑地区】JA周桑タマネギ部会
愛媛県

皆様いかがお過ごしでしょうか。 JA周桑タマネギ部会です。この度、私たちの“もみじ玉ねぎ”を味わっていただきありがとうございます。
私たちが“もみじ玉ねぎ”を栽培する愛媛県西条市は、瀬戸内海に面しており、年間を通して温暖な気候が続く地域。寒い冬でも、比較的落ち着いた気候が、“もみじ玉ねぎ”の栽培に適しているため、この地域で約30年間栽培されているんです。最近では、環境に優しい農業を取り入れる為、愛媛県エコ認証も取得し、更なる技術の向上に努めています。 9月に種をまき、11月に苗を植え、寒い12~2月の間はただひたすら気温が暖かくなるのを土の中で待ちます。球(たま)が大きくなる4~5月を経て6月に収獲されます。
葉から球へと養分が結集する4月~5月の時期に病気を防ぐことが、甘くて柔らかいもみじたまねぎを育てるためにとても重要なんです。この時期には、「栄養を球に送る葉っぱが病気になっていないか」「1日、1日と球が大きくなっているか」というように、目を凝らしてたまねぎの状態を確認していきます。 また、収獲のタイミングもとても重要です。早く収穫すると甘みがのらず、逆に遅いと鮮度が保ちにくくなります。このタイミングの見極めは球の成長度合いと天候の変化を見極めながら収獲していきます。 こうして、私たちが一生懸命育てたもみじたまねぎは、強い甘みと繊維が少ない柔らかい肉質が特徴です。夏バテ気味の胃に、さっぱりとしたオニオンサラダで楽しんだり、丸ごとオーブンで焼いて本来の長所の甘みを堪能していただいたりと好みに合わせてください。 絶妙な甘さが癖になる、『もみじ玉ねぎ』を覚えておいて下さいね。



back number


旬の手紙を読む