特別栽培農産物 ミディトマト
本来のトマトの味をひきだす栽培の取組み 【長野県長野地区】長野県有機農法研究会
長野県


上のアイコンをクリックすると
農林水産省「特別栽培農産物に関わる表示ガイドライン」に沿った
この商品の使用農薬についての表示がご覧いただけます。

特別栽培ミディトマトを生産しております長野県有機農法研究会です。


このたびは、私たちのミディトマトをご購入頂き、誠にありがとうございました。お味は、いかがでしたか?濃厚なトマト本来の甘みを味わって頂けたかと思います。


有機農法研究会を設立したのは1967年。それから40年以上、栽培技術を高めたいという有志が集まり、「健康な土壌から安全な食べ物」をテーマに、有機栽培の研究と農業に取り組んできました。

この長野県長野地区は、夏場のトマト栽培に適した土地です。その理由は、昼夜の寒暖差にあります。

昼間にしっかりと日光を浴びたトマトは、光合成をおこない、夜間にかけて、糖度を凝縮させます。そうして成長したトマトは、しっかり味ののった食べ応えのある甘さに仕上がるんです。

有機農法研究会が一番こだわっているのは、自然界が本来持っている作用を利用した土作り。魚骨やカニ殻等のアミノ酸20種、ミネラル60種をバランス良く混ぜ合わせた動物性肥料を土に与えています。アミノ酸やミネラルが、土に含まれると土の中の微生物などに分解され、植物が吸収します。成分を吸収した野菜は、植物が本来持っている抵抗力を維持する為、病気になりづらく、農薬の使用を最低限に抑えることができます。また、成分を吸収した土で育てたミディトマトは、自然本来の濃厚な甘みに仕上がります。
「信州の環境にやさしい農産物認証」もされており、地域の慣行基準と比較し、農薬の使用回数、化学肥料の使用量を50%以上削減して栽培しております。
今回、皆様にお届けしているのはミディトマトの中でもカンパリ種という品種です。糖度と酸味のバランスが良く、肉質がしっかりしています。味がしっかりとのっているので、そのままお召し上がり頂けますし、炒め物や煮込み料理、スープなど調理用にも向いております。

これからの暑い季節、夏バテ予防に私たちのミディトマトをお召し上がり下さい。今後ともどうぞよろしくお願い致します。




back number


旬の手紙を読む