サラダにもおいしいカロテンにんじん
サラダにおすすめにんじん 【北海道】小清水町人参栽培流通部会
北海道



小清水町人参栽培流通部会は、1984年に栽培技術の向上と品質の改善及び流通の強化を図り、部会員相互の農業経済の向上を目的として設立しました。 にんじんを生産する地域は、オホーツク海に面した冷涼な気候帯で四季を通じて比較的乾燥した気候。一年を通して晴天の日が多く昼夜の寒暖差も大きい地域です。農業以外も盛んな地域で、酪農が活発な地域です。 酪農を生かした循環型農業で、主成分の液肥(ゆう水)を活用して土作りを行い、牛堆肥などの有機物を投入することでより良いにんじんを栽培しています。 カロテンにんじんは、ベータークイーンという品種を使用しています。 にんじん特有の青臭さがなく、にんじん嫌いな人でも食べやすいにんじんです。切ると、中心部まで鮮やかな朱色が特長の品種で、スティックサラダ等生食でも美味しくお召し上がりいただけます。 私たちがこだわって栽培したにんじんをぜひお召し上がり下さい。



お返事を頂きました
このたびは小清水産人参『サラダにもおいしいカロテンにんじん』をご購入いただきまして誠にありがとうございます。今年の『サラダにもおいしいカロテンにんじん』については、春先の播種作業から生
育ステージが順調に推移したこともあり平年作以上の収穫量となりました。また、10月からはすっかり秋らしくなり、朝晩の冷え
込みと日中の寒暖差で食味も乗ってまいりました。
芯・果肉まで色が濃く味わいについても人参本来の味わいが楽しめる出来栄えとなりました。
これからもお客様のお褒めの言葉を励みに、生産者一同力を合わせ、お客様からご愛顧いただける
良品質な人参を生産して参りますので、今後とも小清水産人参『サラダにもおいしいカロテンにんじん』を何卒、宜しく御願い致します。
JAこしみず人参栽培流通部会生産者一同より


旬の手紙を読む