MENU
東急ストア指定園地 ゴールドパイナップル
自然と私たちの思いの結晶「ゴールドパイナップル」
【フィリピン】ロイ・オルティス
みなさんお元気ですか?ロイ・オルティスです。フィリピンのミンダナオ島から、自然豊かな土地で私たちが大切に育てた「ゴールドパイナップル」についてのこだわりを手紙でお伝えしたいと思います!!

私たちがパイナップルを育てるミンダナオ島はフィリピンで一番南側に位置するフィリピン諸島の中でも2番目に大きい島。見渡す限りのパイナップルに囲まれていると、豊かな大地の力と恵まれた環境への感謝を強く感じます。パイナップルを育てる私たちの思いは「豊かな自然と共存し、甘くて美味しいパイナップルを育てていく」ということです。みなさんは、パイナップルはサボテンと同じように余り水分を必要としない植物であることをご存知でしょうか?降雨量が少なくても、体の中に水分を貯めて元気に成長していきます。逆に、降水量が多いところでは多くの水を貯め込んでしまう為、味が水っぽくなり甘さが落ちてしまいます。そこで、畑の中に穴を掘り、谷間を作ることで水捌けを良くする等、品質の向上に努めています。

私たちはいつでも高品質なパイナップルをお届けする為、農場を大きく2つのエリアに分けて栽培・収穫しています。昨今、日本同様にフィリピンでも大雨や干ばつなどの異常気象が発生していますが、この2つの農場は南北300kmの距離が離れており、天候被害のリスクを軽減することで、品質の安定したパイナップルをみなさんにお届けすることができるよう努めています。収穫から箱詰めまでは、全て手作業で行っています。糖度・酸度・果皮の色や傷などのチェックを行い、品質基準を満たしたパイナップルのみを厳選し、一つ一つ丁寧に箱に詰めていきます。基準に満たないものは廃棄することはせずに、缶詰やジュースの原料などに使用しています。もちろん、自然環境に配慮した取り組みも欠かせません。私たちの環境に対する取り組みはパイナップル農場として初めてレインフォレストアライアンス(熱帯雨林同盟)の認証を取得したことでも証明できるかと思います。
広大な農場で太陽の光を浴びて、一つ一つの手作業を積み重ねて育てた私たちのパイナップルの果肉は鮮やかな黄金色となります。その輝きは、豊かな自然と私たちの思いが合わさった結晶の輝き。ジューシーな食感と甘酸っぱさ が特長です。ぜひ、私たちのパイナップルをお楽しみ下さい!
▲ 2018年2月のお手紙
2017年6月のお手紙
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
お手紙のお返事が届いています
それは食べてくださるあなたに宛てた手紙です。
こんにちは!お手紙ありがとうございます!
入院されていたということで、その後お加減はいかがでしょうか?

我々が育てたパイナップルが入院生活中の手助けになったようで本当に良かったです!
この話を社内で共有した所皆大変喜んでおりました。
これからも皆様に喜んでもらえるように丹精込めて、美味しいパイナップルを作って届けていきたいと思います!

日本は天気が悪い日が続くと聞いておりますが、くれぐれもご自愛ください。
パイナップルのレシピを読む