MENU
大雲仙フルーツトマト
苦手な人でも食べられる、甘くて濃厚な美味しいトマト
【長崎県島原地区】JA島原雲仙大雲仙トマト部会
“大雲仙フルーツトマト”の手紙を読んでいただきありがとうございます。
私たちは、島原半島の南の端でトマトを作っているJA島原雲仙 大雲仙トマト部会と申します。


私たちが目指すのは、『トマトが苦手な人でも食べられる、美味しく安全安心なトマト』です。
トマト嫌いの理由の一つでもある‘えぐみ’が少なく、高糖度なので、甘さが際立っていてとても美味しいです。
きっとトマトが苦手な方にも気に入って頂けるのではないかと思います!


美味しさの秘密は、品種と土耕栽培にこだわっているからなんです。

フルーツトマトに使われるソプラノ品種は、耐病性をもっておらず発病すると樹が枯れてしまいます。近年は耐病性をもった品種が続々と出ておりますが、それらを導入せず『食味ファースト』で全生産者が同じ品種で栽培しております。
このソプラノ品種は、栽培管理が難しく糖度を上げたり綺麗な形に仕上げることもとっても難しいのですが、生産者一人一人が毎年試行錯誤しながら取り組んでおります。

そしてここ有明海と雲仙岳に挟まれた農地は、傾斜が多く狭い土地ですが、元々持っている水はけの良さや粘土を含んだ重たい土質はトマトづくりに適しています。この土質を最大限に活かすために土耕栽培を行っています。
普通のトマトと雲泥の差がでるほど収穫量は少なくなってしまいますが、濃厚な食味のトマトづくりの為こだわっています!


また、農薬や化学肥料の使用を基準よりも半分の量に減らした特別栽培を行っています。
農薬を可能な限り減らすため、害虫対策に粘着シートを使ったり、病気対策には稲ワラ麦ワラなどを畑に施し湿度を調整しています。


生産者のこだわりや愛情が、全てのトマトにギュッと詰まっていますので是非食べて頂けたらと思います。
▲ 2023年1月のお手紙
2022年1月のお手紙
2021年2月のお手紙
2019年2月のお手紙
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
トマトのレシピを読む