MENU
大分味一ねぎ
シャッキシャキの食感をお楽しみ下さい!
【大分県 宇佐・中津・国東・杵築地区】JAおおいた大分味一ねぎ生産部会
このたびは、わたくしども JAおおいた大分味一ねぎ生産部会の“大分味一ねぎ”をご購入頂きまして誠にありがとういます。わたしたちの味一ねぎはいかがでしたか?どんなメニューで味わっていただけましたでしょうか?


大分県宇佐・中津・国東・杵築市は、なだらかな山々と宇佐平野に挟まれた比較的落ち着いた気候に恵まれた農作物を育てるのに適した土地です。大分味一ねぎは、土から栄養分と水分をしっかり吸収し、シャキシャキとした食感と臭みの少ないまろやかな甘さが特徴です。味一ねぎの栽培期間は、夏は60日。冬は120日。シャキシャキとした食感を出すために重要なのは、有機質を中心とした土作りと適度な水やりです。


まずは、土作り。同じハウスで連作するとどうしても土が本来もっている栄養分がなくなってしまいます。栄養分を保つため、独自に開発した堆肥を中心とした土に与えています。この堆肥は、契約農家から仕入れた牛糞などの動物性肥料を1年間じっくりと発酵させたもの。水分を適度に保つことができ、栄養分をたっぷり含んでいます。

そして、水やり。味一ねぎは水を与えすぎても根腐れをおこし、葉が柔らかくなってしまいます。水が足りなければ、葉先まで浸透せず、枯れてしまいます。毎日、20cmほど土を掘り湿っているかどうか確認しながら適切な量を与えます。ねぎは、水を欲することでシャキシャキした食感になります。特に収穫前は、あえて水を与えないこともあるんですよ。

みなさんの食卓でも、小ねぎは薬味に使われることが多いのではないでしょうか。生産部会では、「味一ねぎを食卓の主役にする」をモットーにオリジナルレシピも開発しています。本来の美味しさを味わっていただくために、おすすめしたいメニューが「ねぎ焼き」や「チジミ」です。味一ねぎをたっぷり入れ、カリッと焼き目をつけてお召し上がり下さい。お酒のおつまみにピッタリです。

わたくしどもの、大分味一ねぎを今後ともよろしくお願い致します。
2022年7月のお手紙
2021年5月のお手紙
2018年2月のお手紙
▲ 2017年1月のお手紙
2015年8月のお手紙
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
お手紙のお返事が届いています
それは食べてくださるあなたに宛てた手紙です。
この度は「大分味一ねぎ」をご購入頂き、誠にありがとうございます。
私たち「大分味一ねぎ」生産部会は、国東半島から大分県北地域にかけて、消費者の皆様に安心して食べて頂ける様、丹精を込めて栽培しております。
この度、お客さまから頂きましたメッセージを拝見し、スタッフ皆で喜んでおります。

これからも、全国各地にお住まいの大分県に縁のある方々に、故郷の味をお届けできるよう、また、新しいレシピの開発にも精進したいと思っております。
今後とも「大分味一ねぎ」を何卒よろしくお願い致します。
こねぎのレシピを読む