MENU
にんにく
「土が命」のにんにく作り
【青森県十和田地区】JA十和田おいらせ
はじめまして。JA十和田おいらせと申します。
私たちのにんにくはいかがだったでしょうか?


にんにくの辛味が通常のものより少なく、甘味があったかと思います。
こだわりを持って育て上げた私たちのにんにくについて、紹介させて頂きたいと思います。


まずは、十和田の説明から。十和田市は八甲田連邦のふもと三本木原台に開けた野菜の産地。
年間の平均気候が10℃前後という冷涼な気候を活かした、にんにく・ながいも・長ねぎ・ごぼうの栽培が盛んな産地です。


そして、私たちのこだわりは何と言っても、「土作り」です。野菜本来の旨さやミネラルを含んだ栄養たっぷりの野菜を育てるために、私たちが目を付けたのが、野菜作りの基本となる“土”でした。
「ミネラルを充分に含み、バランスが取れた土壌で育った野菜は、健康で美味しい野菜となる」という信念のもと、土壌成分を詳細に分析し、不足している石灰、苦土、カリの他、鉄分・亜鉛等の不足している成分を補給します。
また、良質な完熟堆肥を投入したり、環境に配慮した肥料を使用して健康な土を作ることを土台として、野菜作りに取り組んでおります。「土が命」といっても過言ではありません。


土作り以外にも、植え付けの際はにんにくの一粒、一粒、植える方向を揃えて、手で植え、一定の深さまで押し込みます。腰を曲げて行う作業であるため、重労働ですが、美味しく品質のいいものを育てるためには、丁寧に作業を行うことも欠かせません。
また、適正な農薬の使用による病害虫防除と、堀遅れによる品質低下にならないように適期収穫も心掛けています。


ミネラルたっぷりの土で丁寧に育てた私たちのにんにく。皮をむいてアルミホイルに包んで、オーブンで蒸し焼きにすれば、ホクホク感とほんのりとした甘さが口の中に広がります。もちろん、スパイスとしても幅広い料理にご利用いただけます。

8月~6月までの長い期間出荷しておりますので、その時々にあった料理方法でお楽しみ下さい。
安心で安全なにんにくをお客様に届ける為に、これからも頑張ります。宜しくお願いします。
▲ 2022年7月のお手紙
2015年8月のお手紙
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
にんにくの手紙を読む
にんにくのレシピを読む