有機ごぼう
丹精を込めて育てた有機ごぼう 有機ごぼう生産者一同
 有機

拝啓
有機ごぼう生産者一同を代表して、みちのく有機共同農場が手紙を書きます。


有機ごぼうの栽培は、まず畑に有機肥料を撒いてトラクターで耕した後、「トレンチャー耕」
を行います。「トレンチャー耕」とは、種を蒔く場所に、機械を使って深さ1mほどの溝を掘るように深く耕す作業です。

そうすることで、根っこが伸びたときに、土の硬い層に当たって根っこが曲がってしまった
り、二股や三股に分かれたりせず、スラっとした形のきれいなゴボウが収穫できます。
10日ほどすると、発芽をします。6月頃になると、間引き作業を行い、それぞれの株が適度な間隔になるよう調整をします。ところで雨が降ると、トレンチャー耕をしたところの土が下がり、放っておくとゴボウの根っこが短くなってしまいます。そこで機械を使って通路の土を株元へ寄せる「土寄せ」作業を行います。
それから、除草作業を行います。ゴボウを傷つけないよう気をつけながら、手で周りの雑草を抜いていきます。例年であれば1度ですむ除草作業が、今年は夏の暑さのためか、雑草の生長が速く、2度も3度も行わなければなりません。


ゴボウはスクスクと育ち、大きくなると高さは約1m、葉っぱはナント大人の男性が両腕で輪を作った時と同じ位の大きさになります。収穫は9月頃です。
まず、地上部の茎や葉を機械で粉々に砕きます。次にゴボウの収穫機を使って土を掘り、ゴボウを拾っていきます。(昔はスコップを使い全て人力で行っていましたが、次第に機械化が進み、
ゴボウの脇を機械で掘って手で拾うようになり、今は掘るのも拾うのも同時に機械でできるように
なりました。)
収穫したゴボウは、根っこの頭を切って茎が生えてこないようにします。そして、コンテナに入れてから、乾燥を防ぐためビニールをかけて、保冷庫で保管します。出荷時に取り出して、包丁で一定の長さに切って、パックします。
「柳川理想」という、香り高く柔らかい品種なので、さっと湯通しをして温野菜サラダなどにしても美味しいとのこと!!
ぜひ、お召し上がり下さい。
敬具

【 販売スケジュール 】
産地 生産者 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
岩手県・ 青森県 みちのく有機共同農場          
青森県 あおもり南部有機生産組合              
宮崎県 霧島オーガニック                        
茨城県 くらぶコア                        
千葉県 フォーチャイルドファーム                        
鹿児島県 かごしま有機生産組合                        
宮崎県 アビオスファーム                        
千葉県 農事組合法人丸和