MENU
有機坊っちゃんかぼちゃ
手のひらサイズで、ホクホクかぼちゃ
有機坊っちゃんかぼちゃ生産者一同
有機坊っちゃんかぼちゃ生産者一同を代表しまして、富良野生産センター百我が皆様へ手紙を書きます。

富良野生産センター百我は、自然豊かな富良野盆地に位置し、かぼちゃの他にもじゃがいもや玉ねぎ、人参などを栽培している生産者グループです。富良野は昼夜の気温差が大きく夜間のエネルギー消費が少ないため、デンプンがよく貯まり、おいしいカボチャを作ることができます。

栽培方法は、種は5月末~6月初旬に、プラスチック容器が連なった「セルトレイ」に育苗用の土を入れて、一粒ずつ蒔きます。数日後には肉厚のしっかりとした双葉が顔を出し、本葉が1~2枚になる6月中旬に、畑へ定植します。定植する畑には、グリーンのビニルマルチ(雑草を抑制する農業資材)を張っています。透明のものですと抑制効果が低いため、中間の緑色を使用しています。
富良野では秋は9月末頃から、春は6月上旬まで霜が降り、霜に弱いカボチャの栽培期間は一般地より短いので、一斉に収穫できるようにしています。

南瓜の苗を植えた時期は雨が少なく、水不足で心配していましたが、その後小雨が降り、畑にしっかりと根を長りました。8月は雨に恵まれ、いつにない勢いで元気に育ち、たくさん収穫できそうです。しっかりと日光を浴びて、甘みのある南瓜に育ちました。かぼちゃは天ぷらや煮物にするとおいしく食べられます。
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
手紙を書いてくれたのはこんな方々です。
【 生産者一覧 】
産地 生産者
北海道 富良野生産センター百我
小野寺淳二
村上農園
茨城県 くらぶコア
千葉県 菱田の会
北海道 富良野生産センター百我

25年前頃、有機農法という本と出会い、その後、富良野生産センター百我を設立しました。

品質のよい作物をつくるために工夫していること免疫力のある品種の選定。
かぼちゃの手紙を読む
かぼちゃのレシピを読む