MENU
有機青ねぎ
品質にこだわった、有機青ねぎ
有機青ねぎ生産者一同
拝啓
有機青ねぎ生産者一同を代表して、生産者の大地と自然の恵みが手紙を書きます。
当社の設立は1996年。ボクが37才のときでした。実家が農家だったのでよく分かりますが、昔から農家は長男が土地や農業や家を守っていくというような考え方がありました。


産方法としては、現在一般的に行われている慣行(かんこう)農業ではなく、有機農業に取り組んでいます。慣行農業では、収量を確保するために化学肥料や化学農薬を使用します。もちろん法律で認められた範囲内での適切な分量ですが、それでも農薬が葉についたままの野菜を口にすることはできません。うちの子どもたちがまだ小さかった頃のことですが、収穫を手伝うと言ってイチゴ畑に来ては、おやつ代わりに食べてしまうんですね。農薬を使っていないから笑って見ていられます。そんな光景に接しながら、一方で販売用のモノは農薬で育てるというのに強い抵抗を感じたのは自然なことだったと思います


根の白い部分の長い「根深ねぎ」(白ネギ)は関東好み、緑色の葉の部分を使う「葉ねぎ」(青ネギ)は関西好みといわれ、『文化の違い』などと語られることもあるが、実は耕土や気候の違いでネギの種類が分かれたといわれる。東日本では耕土の深いところで作られ、寒さに耐えるよう根元に土寄せをするので、ネギは厳冬期に土の中でじっくりと白く長く育つ。一方、西日本は耕土が浅いので土寄せしないで育てるため、葉を食用にする葉ねぎが主流となった。古くから品種も「合黒葱」で栽培してています。
ねぎ一つとっても文化の違いがありますが、今後ともよろしくお願いします。
敬具


手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
手紙を書いてくれたのはこんな方々です。
【 生産者一覧 】
産地 生産者
長野県 塩尻有機栽培研究会 (6月~10月)
和歌山県 ビオランド (10月~翌5月)
島根県 グリーンハート (通年)
高知県 大地と自然の恵み (通年)
長野県 塩尻有機栽培研究会

野菜の味についても考えていきたい。畑は長野県の中央部、標高600~900mの高原にあります。冷地帯なので、高原野菜の栽培に適しており、アスパラ・レタス・キャベツ ・トマト・ピーマン等の野菜と梨やぶどうなどの果物27品目の農産物を出荷しています。代表の中野さんは1988年から安心して食せる農産物を生産したいと、有機農業に取り組み始めました。
(6月~10月)
ねぎの手紙を読む
ねぎのレシピを読む