MENU
有機ほうれん草(使いきり)
使い勝手のいい有機ほうれん草
有機ほうれん草(使いきり)生産者一同
拝啓
有機ほうれん草生産者一同を代表して、塩尻有機栽培研究会が皆様へ有機ほうれん草のすばらしさをお伝えします。


私たちは1990年塩尻有機栽培研究会が発足しましたので、23年ほどたちました。
土の状態を良くする為に、有機質の投入や、深耕に努め、輪作をするように工夫している。
防虫ネットのベタ掛け等をしております。


虫などはこまめにとるようにし、愛情を込めて育てております。
新鮮で安全・安心のほうれん草をどうぞよろしくお願い致します。
敬具
手紙にお返事を書こう
「返事を書く」をクリック
返事を書くをクリックすると、外部リンク:東急ストアホームページに移動します。タイトルには、手紙のついた野菜と果物の商品名や県産、生産者グループの記載。ご入力欄には、メッセージをご記入して頂ければ幸いです。 「お返事」の書き方例!
ミニトマト生産者へ
手間暇かけられたミニトマトの
紙面をみて感動しました。家族
のみんなが喜んでいます。
つきましては返事を書きます。
バナナ農園へ
いつでも絶品のバナナです。
たゆまぬ努力のおかげで、
永続的に環境を守り、
田畑を守られているんですね。
〇〇県のねぎ農家の人たちへ
高い山々に囲われ、
橋がある故郷を思い出します。
東京にきて、店頭で購入し、
急いで帰りレシピを参考にします。
手紙を書いてくれたのはこんな方々です。
【 生産者一覧 】
産地 生産者
北海道 北海道有機農業協同組合 (6~11月)
青森県・
岩手県
みちのく有機共同農場 (4月~11月)
栃木県 島田晴夫 (11月~翌4月)
茨城県 くらぶコア (11月~翌4月)
埼玉県 瀬山農園 (12月~翌4月)
千葉県 北総ベジタブル (11月~翌6月)
農事組合法人丸和 (12月~翌4月)
長野県 塩尻有機栽培研究会 (5月~11月)
吉沢文隆 (5月~11月)
和歌山県 ビオランド紀の川 (10月~翌4月)
島根県 ぐりーんはーと (11月~翌6月)
やさか共同農場 (11月~翌6月)
宮崎県 健康農園萩原 (1月~4月)
千葉県 北総ベジタブル
私たちのモットーは、「安全・安心・おいしさ」です。
特に味の面では、多くの方から「美味しい」と喜んでいただいておりますが、これからもそう言い続けてもらえるよう頑張りたいと考えております。また、おいしさはもちろんのこと、栄養価の高い野菜作りも目指して参ります。

野菜の栽培には、虫や野菜の病気、連作障害、雑草といった、いくつもの弊害があります。これらは通常の栽培(慣行栽培)の場合、農薬や化学肥料を使用して防ぐことができますが、有機栽培では農薬や化学肥料を使うことができません。
そこで、太陽の熱や熱水を用いて、土壌にいる野菜たちにとって悪い菌や雑草、虫の卵を除いております。野菜にとって良い菌は再度畑に撒いていますので、安全でおいしい野菜を作ることができております。
(11月~翌6月)
長野県 塩尻有機栽培研究会

野菜の味についても考えていきたい。畑は長野県の中央部、標高600~900mの高原にあります。冷地帯なので、高原野菜の栽培に適しており、アスパラ・レタス・キャベツ ・トマト・ピーマン等の野菜と梨やぶどうなどの果物27品目の農産物を出荷しています。代表の中野さんは1988年から安心して食せる農産物を生産したいと、有機農業に取り組み始めました。
(5月~11月)
ほうれん草の手紙を読む